女の人

美容整形クリニックの治療でシミを除去|原因と種類

切らない方法

レディー

ここでは「切らない脂肪吸引」と呼ばれる様々な脂肪吸引の方法について取り上げていきます。目的としては部分痩せであることに変わりはありませんが、通常の脂肪吸引と比較した時にどういった点が特徴となるのでしょう。
通常の脂肪吸引と比べて利点として大きく目立つ点は、内出血や腫れに代表されるダウンタイムが短く、そして痛みが少ないという点が挙げられます。通常の脂肪吸引は治療が完全に終了したと言えるまでそれなりの期間を要します。しかし、切らない脂肪吸引はその期間が短く抑えられるのです。神戸の美容整形クリニックで人気を博している理由がここにあります。一方で、通常の脂肪吸引に比べてその効果は薄いという特徴もあります。これらの点を抑え、どちらの施術がご自身の悩みを解消してくれるか検討すべきでしょう。
次に、切らない脂肪吸引の方法について確認しましょう。神戸や全国の美容整形クリニックで盛んに行なわれている切らない脂肪吸引は、注射を用いるパターンとレーザーあるいはそれに属するものを用いるパターンとに分けられます。レーザーを用いる方法は、レーザーを当てる場所によっても手法が異なってきます。大きくは体内に当てる場合と体外に当てる場合に分かれます。
神戸の美容整形クリニックで行なわれる切らない脂肪吸引の詳細を見ていきましょう。まずは注射についてお伝えします。この方法は「脂肪溶解注射」と呼ばれており、その特徴は注射を用いることで脂肪細胞を破壊したり燃焼させやすくする点にあります。脂肪溶解注射は三つの種類に分けられます。その中でも特に高い効果を期待できるのはリバイタルセルフォームとメソラインスリムと呼ばれるものです。一方で、これらの方法は腫れが出やすいという特徴も併せ持っています。また、腫れが極端に抑えられる方法に輪郭注射というものがあります。この方法は腫れが出ない分効果も薄いとされています。これらの方法の間を取ったような効果を期待できるのはリジェンスリムという方法です。いずれの方法も、治療の際には複数回の注射を行なうことが一般的です。複数回行なうことにより効果が出やすくなるためです。
次に、レーザー治療についてお知らせします。まずは体内に当てるレーザーについてです。これは、麻酔を使用したり皮膚にわずかな穴を開けたりする点から手術に近い位置づけとされています。より高温で脂肪細胞を破壊するために脂肪そのものにファイバーを挿入します。一回の施術で高い効果が期待できます。体外に当てるレーザーについては様々な種類があります。主なものとしてはラジオ波と超音波が挙げられます。
切らない脂肪吸引にも、神戸の美容整形クリニックによって様々な違いがあります。対象のクリニックがどの施術を得意としているかによっても期待結果は異なってきますので、事前の確認は大切であると言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加