女の人

美容整形クリニックの治療でシミを除去|原因と種類

部位別の脂肪吸引

看護師

ダウンタイムというのは術後から完全に治療が完了するまでの期間のことを指します。美容整形の施術についてもその概念は用いられており、神戸で行なわれる脂肪吸引の施術にもダウンタイムは存在します。脂肪吸引においては、ダウンタイムについて複数の観点があります。
一つ目は、痛みが残る期間についてです。脂肪吸引を行なう部位によって痛みが残る期間は異なってきます。痛みさえ引いてしまえば日常生活が問題なく行なえます。二つ目の観点は、腫れや内出血の期間です。これらに関しては、衣服で隠れる部分もあるでしょう。二の腕など露出のある部分に関しては注意が必要です。三点目は、むくみについてです。腫れや内出血が引いてくると同時に起こる現象がむくみです。むくみの発生は脂肪吸引の効果を見えにくくします。むくみが収まった後こそ、脂肪吸引の本当の効果が分かると言えるでしょう。四点目は硬縮についてです。通常、神戸の美容整形クリニックで行なわれる脂肪吸引の施術後は、対象の部位が硬くなります。術後すぐに細く柔らかくなることはほとんどないのです。この現象を硬縮と呼び、一般的にはおよそ一か月で吸引した部分が柔らかくなると言われています。術後一週間程度は硬くなっていることが多いです。
上記の点から、脂肪吸引後はすぐに効果が出るというわけではないことが分かります。神戸の美容整形クリニックにおいて、脂肪吸引の効果が出るのは術後一か月ほどと言われています。一方、その際に例外として挙げられるのはふくらはぎでしょう。ふくらはぎは、効果を実感できるまでに三か月を要する場合もあると言われています。また、この期間においてはしびれやかゆみを感じることもあると言われています。
ダウンタイムは部位ごとの異なります。その点について確認します。まずは顔についてです。顔は他の部位に比べて内出血や腫れが目立ちやすい点が特徴としてあり、それは長くて一週間程度続く場合があります。その一方で、化粧で隠せる程度の腫れしか発生しない場合もあります。また、硬くなっている期間は基本的に一か月程度とされており、効果を実感できるのはそれ以降となります。
次に、二の腕について見ていきましょう。二の腕は顔以上に腫れや痛みが出るとされており、その予防として薬を処方されます。効果を完全に実感できるようになるまでには顔同様一か月程度の期間を要するようです。また、太ももについてはどうでしょう。太ももは広い範囲で痛みが出ることがあるため、効果を実感できるようになるには他の部位に比べて多くの期間を要するとされています。太ももと並んで人気のあるお腹に関しては、太ももよりも痛みを伴わないことが多いです。完全に効果を実感できる期間は太ももと同程度と見て良いでしょう。
このように、神戸の美容整形クリニックで行なわれる脂肪吸引施術のダウンタイムは部位によって異なってきます。発生する痛みやむくみなども異なるため、事前のカウンセリングで明確にしておきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加